松戸鍼灸 脾の症状 その3

2020/07/22 ブログ
logo

脾虚証の人の腹痛=下痢が多く、下痢をすると楽になる。

脾虚証の人の腰痛=食事の不摂生や美食から起こる腰痛が多い。

   食事に味がなく腰が張ったような腰痛。

心下満=鳩尾の所が張るものは脾虚証の症状で。鳩尾から脇にかけて張る

   ものは肝虚証の症状です。

脾虚証の症状=腹が張って鳴るものは脾虚証の症状。

   脾虚証体質の人は食べられないときの方が具合がよく、小食過眠が

   が良い。

脾虚証の症状=腰が硬く張っているもの。腹が張る。食べようと思えば

   食べられるが食べると痛むものは脾虚証体質です。

   痛みと張りが同時に起こるもの。

   だるい時。寝られないとき。肌肉が柔らかい時。腹全体が柔らかい

   又は腹全体が張るもの、座ると腰が痛むものは脾虚証の症状です。

   長く座ると脾を傷めるので座ることは碑の症状と結びつきます。