松戸鍼灸 体質について その5

2020/06/04 ブログ
logo

水型実証体質

太っていない。皮膚の色が黒く筋肉が硬く締まっている。顔や気質は厳しそうに見えるが逆で社交的で温和。勢力は強い。胃腸は弱い者と強いものが居て人並み以上に仕事をする。脳溢血や肝臓病に注意が必要です。

水型虚証体質

顔色黒く痩せ型.精力は弱いが肝が強い場合はかえって性欲が高ぶります。理知的で知能的な仕事を好むが。手足を使う肉体労働は好まない。

胃腸は割合丈夫で手足や体は冷たいが風邪には比較的強いのが特徴。又は胃腸は弱いのに、食事には不摂生なものが多い。

幼少時や青年期に呼吸器疾患や他の大病になりその後丈夫になるものも多い。体力以上に仕事を長く続けると大病になりやすい。

泌尿器、循環器疾患に掛かり易い。神経が細かく気苦労が多い。胃下垂。、ノイローゼ、肩凝り、頭痛、腰痛、痔、小便が近い、冷え症になり易い。

水型は頭が大きく顔の凹凸があり肩幅が狭く腹が大きい。手足の動作が機敏です。

以上東洋医学では体質を5種類に分け夫々虚証体質と実証体質に分類しています。そして相生関係や相克関係、陰陽のバランスが崩れると体調を崩します。