松戸の鍼灸で鬱病対策最新の

2019/12/30 ブログ
logo

最新のアメリカの発表で鍼灸が鬱病にとても有効だという結果が発表されました。薬による薬害も心配される中、気を動かすことによってすべての病気に対応する鍼灸が注目されています.鬱は気が廻らないおことによって引き起こされ東洋医学では肝(現在の肝臓とはだいぶ違った面があります)の気の衰えが重要視されます。

肝は目、爪、酸、青、春、筋肉や筋、神経系、眠りが浅く夜中に良く目覚めるなどに関係し春に眼病が多く、精神病が発生しやすいなど傾向があります。ストレス社会の多い現代に置いて鬱病は大きな課題です。脈を診て施術方法を決定して肝の気の衰えを調整する施術は主に手足のツボを使って体調の崩れを根本から立て直します。同時に各種の症状、不眠、倦怠、無気力や注意力の低下、気力の減退やイライラ。落ち込み、頭痛や肩コリその他の症状に対応する施術を行って改善を図ります。同時に鬱になる原因を本人を交えて探っていき改善を図ることも大切です。